SEO、過去の出来事

以前、飲食店のサイトを管理していた時、有名なグルメサイトから何度か電話が掛かってきました。一部上場の有名グルメサイトですが、今は同業サイトにシェアを奪われたグルメサイトです。

「うちは Google の PageRank ●のサイトなので、御社のサイトリンクするとアクセス数が増えます。検索対策になりますよ。」とのこと。「御社のサービスは一番安いプランだけど、利用しています」と言うと、「違います、今回は検索対策のため、サイトのトップページから御社のサイトににリンクを貼ります。」というようなことを言いました。
「一部上場企業なのに、こんなことも知らないのだろうか?」と耳を疑いましたが、何度か掛かってきた電話の向こうはマニュアルを読んでいる感じで、いつも同じように検索対策という言葉を使いました。

SEO に詳しい方ですと、先方の言っていることが間違っていることが分かるでしょう。
当時から Google は PageRank がひとつの指標であり、検索順位に直接影響を与えないと公言していたのです。先方に検索すれば、言っていることが間違っていると伝えました。また、(以前にも書いていますが、)「このような商売を Google は一番嫌うのですよ。」と伝えると、2度と電話が掛かってきませんでした。

この何度か掛かってきた電話、有名サイトを利用して、「消防署の方から来た」という商売だったのかもしれませんが、確かそのグルメサイトに説明ページがあったと思います。
飲食店の方なら、過去にこの電話を受けたことがあるのでは??

追伸
ちなみに2014年10月、Google はページランクを1年以上更新していない、今後も更新予定はないと発表しました。

LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket