レスポンシブサイト

新しい物好きの私は、iPhone が日本で発売された当日に購入したので、すぐにスマホサイトを作り始めました。
スマートフォンの登場と共にウェブデザイナーは、スマホサイトを作るようになり、それと同時にケータイサイトの必要性はあっという間になくなりました。

レスポンシブサイトを知ったのは、偶然使った WordPress のテンプレートが Twitter Bootstrap(現在は Bootstrap )で作られていたからです。
その後、Jquery Mobile も驚きの手法でした。

来年 2015年のウェブサイトへのアクセスは、PC とスマホのアクセス数が逆転すると言われています。ほとんどの人がいつでもネットにアクセスできる端末を持ち歩き、Facebook などの SNS 人口はさらに増え、これらもスマホサイトへアクセスするのです。

PCサイトとスマホサイトの2つ作り続けるよりも、レスポンシブサイトで対応するのは良いことしか考えられません。これからはエンタメなどのレスポンシブに向かない?コンテンツ以外は、すべてレスポンシブサイトに移行されると考えます。

スマホでのネットを制する企業が、より多くの成果をあげる時代がやって来ます。

LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket